遺品整理・特殊清掃の知恵袋やその他|遺品整理|プロの遺品整理ココロ<特殊清掃・遺品整理・処分>神戸・兵庫・明石・姫路・加古川

プロの遺品整理 ココロ
遺品整理・特殊清掃の知恵袋

【問題を未然に防ぐ!】遺品整理を正しく利用するための注意点

遺品整理を正しく利用するための注意点として、まずこの作業は家族だけでやるのか、それとも業者に依頼して手伝ってもらうのか、どちらかになります。どちらにしても問題が発生することがあるので、それを防ぐ為にもしっかりと知識を身に着けておきましょう。家族だけで遺品整理をする時は遺品を整理出来る環境、状態ならば金銭的な価値あるものを先に回収します。とりあえず、捨てて良い物だけを残す状態にしておき、その状態で不用品回収業者を呼んで一気に物を処分するというのが一般的なやり方です。注意点は金銭的な物の回収と、業者を利用する際に捨てて良い物と捨ててはダメな物をしっかりと指示することです。次に部屋の清掃から遺品の処分までを業者に依頼する時は基本的に業者だけですべてをやってもらうことになるので、当然ながら注意点は盗難となります。例えば、高級時計が10個ほどあったとして、その1つが無くなっても遺族は気付かないものです。こうした盗難のトラブルを避けるコツは信頼できる業者を利用すること、そして先に家族だけで現場において金銭的な物を回収しておくことが大事です。悪臭等から部屋に入ることすら厳しいことも考えられますが、それでもこうしたトラブルを避けるための確実な方法は身内だけで処理をすることだと言えます。今はインターネットを使って業者の評判などをチェック出来ることから、こうしたトラブルは避けやすくなっているのでしっかりと調べましょう。
遺品整理・特殊清掃の知恵袋

【特殊清掃】悪徳業者の見分け方


特殊清掃員の悪徳業者の見分け方、これは一般人にとってはかなり難しいところです。見分け方のポイントとなる事は料金と作業内容における説明、この2点から判断するようにしましょう。基本的に一般人にとって特殊清掃とはどんな作業をするのか完全に把握している人は少ないです。それを良い事に適当に説明するような業者は避けましょう。考え方としては特殊な作業であるからこそ、しっかりと依頼者に配慮出来る業者が正しい姿です。1から10までの作業を時間をかけて丁寧に説明できる業者でなければ他の業者を利用すれば良いです。次に料金に関して、これも一般的にはそうそう何度も依頼をするようなサービスではないので、大体どのくらいの費用がかかるのかを知っている人は少ないはずです。そのため、高額な料金をふっかけられることもあり得ます。これを防ぐ方法はインターネットの活用にあります。インターネットを利用するといくつかの特殊清掃の業者情報を調べることが出来るので、まずインターネットから簡単にそれらの業者の情報を調べます。次に実際に電話からコンタクトを取って作業内容の説明、そして料金を聞きます。これを数社で内容を比較しておきますと、大体どんな作業をしてどのくらいの料金となるのかを把握出来るので、優秀で信頼できる業者を見つけやすくなります。これが特殊清掃の業者の選び方の基本となるので、しっかりと覚えておき安心して依頼出来るところを探しましょう。
遺品整理・特殊清掃の知恵袋

特殊清掃の事例!感動の実態

特殊清掃というのはイメージとしてはなかなかすごい仕事をしていることが想像でき、素人では入ることすら厳しい現場でもしっかりと掃除をしてもらうことが出来る過酷なビジネスであることが分かりますが、実態としてはそれほど簡単なものでもなく色々と事例によってストーリーがあります。やはり、普通の仕事とは異なり、亡くなった方の現場の処理をする仕事であることから、依頼者にとっても、実際に清掃を担当する作業員にとっても、それぞれにいろんな想いがあります。イメージは決して良いビジネスというわけではありませんが、そのイメージとは裏腹にそれぞれの感動のストーリーも色々とあります。家族を失った遺族にとって、とても悲惨な現場でもそれを放置することが出来ませんし、特殊清掃を頼んで現場を綺麗にしてもらうことは必須です。正直なところ、悲惨な現場を見たくもないので一刻も早く綺麗な状態にしたい、そう思う遺族は非常に多いです。こうして特殊清掃を依頼されて現場を綺麗に片づけると、遺族は涙を流すことが多いです。特殊清掃は依頼されるからこそ現場を綺麗にするわけですが、本心としては遺族である依頼者だけではなく、亡くなった方の為に出来るだけ綺麗に清掃をするという気持ちも強くあります。これだけは実際にこの仕事をやったことがある人にしか分からない感情かもしれません。特殊清掃の仕事は仕事をする度に人とは何か、とても深い考え方を持つことが多いです。
遺品整理・特殊清掃の知恵袋

【特殊清掃】心のケアと正しい清掃を

故人の亡くなり方というのは本当にいろんな状況がありますが、残された遺族にとってどのような状況であっても、その部屋や住宅を再び使えるようにするためには特殊清掃から遺品整理まで、本当にやるべき作業がたくさん出てきます。特に特殊清掃だけは家族だけでは対処することが出来ないケースが大半なので、その場合は業者にしっかりと依頼して正しい清掃をしてもらうことが大事です。この正しい清掃というのは、少し難しく専門的な話になりますが、匂いから害虫まで、本当に現場によっては市販されている薬剤ではどうすることも出来ないことがあります。これはしっかりと特殊清掃を利用して正しく処理をしなければなりません。業者に依頼すると、専門的な知識からしっかりと対応してくれるので、必要に応じて依頼するようにしましょう。また、現場の清掃に関しては業者に任せると良いですが、自分は心をしっかりと保つこと、遺族に対する気持ちを整理することを考えることが大事です。特殊清掃の業者によって、こうした遺族の心のケアまでをしっかりと配慮してサービスを提供しているところがあります。たった一言、ちょっとした気持ちのある行動、気持ちが憔悴している時はこうしたサポートや配慮が非常に有り難いものに感じます。単に現場を掃除するだけではなく遺族の心のケアまでも配慮することが出来る優秀な業者があります。そうしたところなら何かと依頼をしやすくなってくるので覚えておくと便利です。
遺品整理・特殊清掃の知恵袋

特殊清掃の需要が増えています!目を背けてはいけない現実

特殊清掃の需要というのはここ最近では増えていますし、現実としてやはり人は必ず亡くなるものであり、その時の状況も本当に様々な状況がありえることから、一定のビジネスの需要は保たれる業界でもあります。この特殊清掃の必要性を少し説明しておきますと、素人にとって亡くなった方を発見した場合にそれを家族だけですべて片付けることはかなり無理があります。基本的に匂いや汚れ、こうしたものから現場の状況がひどいと、素人にとっては入ることすらきついです。しかしながら、そのまま放置することも出来ません。特殊清掃はそうした状況であっても専門的な薬品等を使ってしっかりと現場を片付けてくれます。その為、この特殊清掃というのは本当にどのような状況から故人を発見することになるのか、これによって必要性は個人差がかなり出てくるサービスでもあります。現実としては人は家族との付き合いがありますし、将来において特殊清掃を使うことになる可能性は誰にでもありえることから、このサービスについての知識は少なからず持っておきたいところでもあります。実際にサービスを利用したいと思った時は業者の情報をインターネットから調べるようにしましょう。そうすると、様々な業者の情報をしっかりと把握することが出来ますし、料金に関しては見積りを出してもらうことが出来ます。また、見積もりも現場の状況を見てから判断してもらうことが出来ますし、見積もりを無料で実施しているところもあります。
遺品整理・特殊清掃の知恵袋

特殊清掃、害虫駆除ってどうするの?驚きの方法

特殊清掃とは、自殺や孤独死、事故や殺人など、何らかの形で遺体が残った部屋や現場を清掃し、除菌・消毒する専門の清掃業務の事を言います。血液や体液などの清掃や、消臭、発生した害虫駆除には専門知識が必要となるため、一般の清掃業者では対応しきれない現場も原状回復させる事が可能です。
特殊清掃が必要となる現場では、遺体の腐敗により害虫が発生する場合があります。汚染された現場では、最後まで臭気と害虫に悩まされるパターンが多く、感染症や衛生被害をもたらさないためにしっかりとした駆除が必要となります。
ハエは一度に50個から100個という大量の卵を産み付け、さらに卵から成虫までの期間は2週間足らずというサイクルの早さから、爆発的に増殖する虫です。成虫までの期間は気温が上がるとさらに早くなる性質があります。ハエは食料や汚物を摂取するため、その時にウイルスや細菌、寄生虫などを媒介する事があります。ネズミと並ぶ疫病の運び主として、人間に様々な伝染病や感染症を引き起こす可能性がある害虫のため、しっかり駆除を行う事が重要と言えます。
害虫駆除の方法は、状況や虫の種類に合わせて薬剤散布を行うのが一般的です。人間への影響が少ない薬剤が選ばれますが、大量に害虫が発生した時は強い薬剤を使用する事も考えなければいけません。この際には特殊清掃の業者より、薬剤の効果や説明が行われますので、疑問に感じた事があれば聞いてみましょう。
遺品整理・特殊清掃の知恵袋

大切な人とのメモリアルを

故人を偲ぶ気持ちが強い余りになかなか遺品を整理することができない、仕事が忙しくてなかなか整理の為に割く時間が無いなど、様々な事情で遺品整理ができないケースが最近増えています。また事情により家族の元を離れ遠方で一人で暮らしていた方などはなくなった後も親族の方が時間が取ることができなかったり、或いは誰が整理をするのかで揉めてしまうことも少なくありません。
本来遺品整理とは親族の方が行うのが望ましいことですが、現代社会ではなかなかその理想通りにいかないのが現実です。
遺品整理を上手に行うコツは、あくまでも気持ちの切り替えです。故人の遺品を整理するという気持ちではなく、故人との思い出を探すという形に切り替えることが上手に整理を行うコツです。あくまでも故人が安心してこの世を離れることが出来るようにするためのセレモニーだという気持ちで、メモリアルを大切にするという心構えを持ってあげることが大切です。
遺品整理を上手に行うための豆知識として憶えておきたいのは、まずは足元から行うということと、捨てるものと取っておくものを最初に決めてしまうということです。このようにすることで遺品が散乱することなく、また必要以上に時間がかかってしまうことが有りません。遺品整理は時間をかけるほど整理を行うのが苦しくなってしまうものです。
故人が安心してこの世を旅立てるように、計画的にてきぱきと整理を行ってあげるのが、元も良い供養になると考えます。
遺品整理・特殊清掃の知恵袋

特殊清掃、血液は消臭できるの?

新聞やテレビを見ていると、独居老人の孤独死や将来を悲観しての自殺が報道されない日はありません。ここ数年のうちにこれらの悲しい出来事は、とても多くなっています。これを受けて、特殊清掃という言葉を取り上げているニュースや記事を目にするようになりました。多くの人は初めて目にするような言葉でしょうが、何も最近になって初めて出来た言葉ではありません。では特殊清掃とは何かと言うと、孤独死・自殺・殺人・事故・溺死といった遺体が残る部屋や現場を清掃、消毒することを指します。とかく1人住まいであればなんらかの事情で死亡してしまったとき、発見が遅れてしまうものです。そうすると必然的に遺体は時間が経つつれ腐っていき虫が発生するようになります。臭いや大量の虫が発生することで近隣住民に発見される事になりますが、そういった現場はとにかく壮絶ですので、遺族であってもショッキングな場面に卒倒してしまい、掃除などとても出来るものではありません。そこで特殊清掃の出番となります。専門的な知識や技術が無ければ消臭や血液や体液を完全に拭い去ることは出来ません。とりわけ血液や体液には独特の臭いがあります。完全に消臭するには精神面でも技術面でも大変な作業となりますが、特殊清掃を施すことで以前のように人の住める部屋に戻すことが可能です。悲しい現実ではありますが、将来的にもこれからの社会には特殊清掃は無くてはならない必要な職業として多くの人々に認知されることでしょう。
遺品整理・特殊清掃に関する知識

衣類を遺品整理してもらいたい……!選び方のコツとは

衣類は遺品整理の際に出てくる遺品の中でも特に故人の思い出を感じられるもののひとつです。
故人がよく着ていたお気に入りの服や一緒に写真を撮った時に着ていた服など、それを見るだけで過去のことがつぶさに思い出されるものは多いことでしょう。
ですがそれでも放置するというわけにはいかず、何かしらの形で整理をすることは必要です。
ではその衣類の遺品整理をする際の遺品整理業者の選び方としてチェックしたいポイントはどこかと言うと、最も注目したいのが「本当に遺品整理業者は必要か」ということです。
というのもこうした業者、いわゆる特殊清掃業者の本当の意味は「汚れてしまった部屋を復元する」というところにあるからです。
あまり気持ちのよい話ではありませんが、夏場の孤独死などが発生したというような場合、その部屋には遺体の腐敗によって発生した悪臭や体から染み出た油、排泄物などが付いてしまいます。
そうした部分の清掃は素人ではとてもできないため、プロの特殊清掃業者を雇うのです。
そのため部屋が汚くなっているわけではない、故人が自殺などで亡くなったわけではないというのであれば、自分たちでタンスの中身を整理するなどすれば問題は無いでしょう。
ただもしその特殊清掃の作業時に一緒に衣類も見てほしいというようであれば、選ぶべきポイントは信頼ができるかどうか、しっかりと梱包して返してくれるかどうかということです。
ここについては依頼の際に「部屋の中にあった遺品で形見分け出来そうなものは回収してもらえますか」として確認をしておくことが必要になります。
ただ少々注意したいこととして、布というのは思っている以上に臭いを吸着するということです。
そのため孤独死が発生した現場で、タンスなどに仕舞わずそのままになっていたものに関してはクリー二ングでも臭いを落とせないというようなケースがありますから、この点は事前に把握しておきましょう。
遺品整理・特殊清掃に関する知識

遺品整理!遺品をオークションに出すのは違法?

遺品整理をすると様々なアイテムが見つかり、遺族としてはそうした物をどのようにして処分していくのかとても迷う、困ることがあります。基本的に遺品の分類方法としては家族として大切に残しておきたい思い出の品、これを除いて考えると金銭的な価値がある物とない物に分類されます。亡くなった方の遺品といっても、遺族にとってはこの価値がある物かどうかは非常に重要なポイントでもあります。価値がない物、例えば歯ブラシなど生活用品、あるいは家着などブランド物ではない衣類など、こうした物は大抵捨ててしまうことが多いです。これは仕方のないことであり、残しておいても使うことがありません。価値のある物、これは買取を活用して売却してしまうのが賢いです。しかし、オークションなどで遺品を売るのは違法なのかどうか、これは物によります。遺産の中には所有している人を特定できる物があります。例えば、銀行口座などが該当します。こうした名義が存在する価値ある物については基本的に遺産相続から名義変更しなければなりません。また、オークションを活用して物を売る時は遺品を遺品として売る必要はなく、これを明記する方が双方にとって利益となるとも限らないことから、本当に考え方は個人によって異なる点です。遺品に対する一つの考え方として、亡くなった方が大切にしていた物は同じようにそれを趣味とする、大切に物を扱ってくれる方に使ってもらうことが最大の供養となると考えることが出来ます。
遺品整理・特殊清掃に関する知識

遺品整理が生前にできる?生前に遺品整理セミナーに行くべき3つの理由

遺品整理というのはそもそも亡くなった方の所有物を整理することであり、これは別に自分が今生きている状態で行ってもそれは一つの遺品整理となります。今では生前葬という言葉を聞くことがありますが、これと似たようなニュアンスです。生前整理をする為にどうやって何をしていけば良いのか分からない人は遺品整理セミナーへ行くと便利です。この理由は3つあります。1つ目は単に物を片付けるだけが遺品整理ではないことです。2つ目は意味のある遺品整理をしなければ効果がないということです。3つ目は遺族の事を考える良い機会になるからです。他にも知っておきたい項目は色々とありますが、簡単に言うとそもそも遺品整理を生前にやってしまう目的はやはり自分が亡くなった時に遺族に対する負担を軽減することが目的であり、またこれに加えて遺品について自分の意志を残す事が出来ることも一つのメリットになります。例えば、自分が使っている車は遺品としてどのように処分して欲しいのか、これは遺書として遺産相続に関する記述を書いておくなど、生前だからこそ出来る作業です。生前整理をするならある程度は知識を持っておく方が良く、その方がしっかりと効果を得ることが出来ます。時間がある時にセミナーで知識を身に着けてみると良いです。このセミナーに関する情報はインターネットから調べると色々と情報を知ることが出来るので、自分が参加してみたいイベントを探してみると良いです。
遺品整理・特殊清掃に関する知識

特殊清掃に関する保険はあるの?知っておきたい豆知識

集合住宅を持つ大家にとって、入居者は大切な収入源であり、なるべくなら空室の期間を少なくしたいものです。最近では単身者も若者だけでなく、高齢者の独り暮らしが増えています。それに伴い孤独死や自殺などにより発見までに時間がかかり、室内が遺体の腐敗や腐乱によるダメージを受けることになります。このような場合には、特殊清掃と呼ばれる専門の業者に原状回復工事を依頼する必要があります。事件現場清掃業とも呼ばれ、事件、事故、自殺などの変死現場や、ごみ屋敷などの環境を回復させる専門的な仕事です。
特殊清掃を必要とする現場になってしまった場合、次の入居者がなかなか決まらないのはよくあることです。その間の保証や、原状回復に要する特殊清掃費用などを補償するのが「事件現場再生保険」です。空室期間や値引期間の家賃については最長12か月で1件につき最大200万円の補償、また、清掃や消臭等の原状回復工事などの費用については1件につき最大100万円が補償されます。何ごともなく入居されるのがいちばんですが、万一のことがあった場合大家が負担するところが大きいのです。現代社会において孤独死は益々増え、清掃や消臭だけでなく遺品整理や原状回復工事がさらに必要とされることが考えられます。特に死後の発見が遅れれば遅れるほど、腐敗の状態は酷くなり、その部屋だけでなく階下の部屋や隣室にまで影響を及ぼすこともあります。賃貸住宅を管理しているのであれば、豆知識として知っておくと良いです。
遺品整理・特殊清掃に関する知識

遺品整理と部屋供養、大切な人をいつまでも

遺品整理を業者に依頼すると、単に荷物を片付けるだけの業者もあれば、しっかりとお部屋の供養までやってくれる業者もあります。これをやってくれるところは宗教を問わずに大切な人をいつまでもという気持ちの概念から供養してくれます。これに対する考え方というのはかなり個人差がある部分ですが、業者としてしっかりとそれをやってくれることは利用者にとっては嬉しい部分でもあります。人によっては現場において将来的に災いが起こらない為に、あるいは亡くなった方へ気持ちを伝えるために、本当にいろんな感情から供養をするものですが、これはやるかやらないかというのはそれぞれの信仰心、あるいは宗教に対する考え方などからかなり考え方が異なります。遺品整理を依頼する業者にはこうした配慮をしてくれるところもあることを覚えておきたいところです。また、現場がひどい状態の時は先に特殊清掃を依頼することになりますが、これを利用する場合も上記と同様の内容から作業をやってくれる業者があります。また、この場合は特殊清掃が終わってから遺品整理までを完了してもらうことが出来るので、現場の状況に応じて利用すべき業者を考えることが大事です。故人が使っていたお部屋、これは本当に遺族にとっては想い出の一つとなります。そこに自分の大切な家族がいたという事実は記憶の中で消えることがありませんし、そのお部屋を見る度に思い出を思い出すことが出来るというのは大切なことです。
遺品整理・特殊清掃に関する知識

【遺言もあるし……】遺品整理、その後のリサイクルは可能?

遺品整理というと残されていた遺品が全部処分されてしまうと考えている人も多く、実際のところ処分が前提になることもあります。
ですが遺言などで「可能な物に関してはリサイクルをしてほしい」というようにしたり「売却してほしい」とあった場合はどうなのかというと、基本的に不可能であるわけではありません。
ただしかし、問題となるのはそれが「遺品である」というところでしょう。
遺品が出る理由が特に問題のないものだった、例えば病気や寿命で亡くなったというような場合には、特に気にされることなく買い取ってもらうことができます。
ただしかし、それが自殺や孤独死といったような特殊な事情によって出てきた遺品だというような場合、リサイクルとして買い取りたいとは思わない業者も多いものです。
そのため遺品整理の際に出てきたものをリサイクルするのであれば、事情を相手に明かさずに依頼するというようなことが必要になってくるでしょう。
実際のところ大手の買取業者などであれば売りに出した個人の事情を確認したりしないものですから、特に問題なく買い取ってもらうことはできます。
また遺族間で形見分けとして遺品を分け合い、その後活用していくというのであれば何も問題はありません。
ただ自宅への出張買取などを依頼すると事情を察せるというようなこともありますから、遺品整理で出てきたものを売却する際には必要なものや明確に個人の生活をうかがい知れるものなどをさけ、本やCDなどの趣味のもの程度を売却するにとどめた方が良いでしょう。
遺品整理・特殊清掃に関する知識

特殊清掃の技術!特殊清掃ってどんな仕事?

特殊清掃はどんな仕事をするのかというと、これは簡単に言うと亡くなった方が住んでいたお部屋を綺麗に掃除する仕事です。掃除をしてから依頼内容によっては不用品の処分もやりますし、さらには住宅のリフォームまでもあります。一般的に人が亡くなった現場を見ることは少ないものですが、これは本当に色々と大変です。発見が遅くなると害虫が発生している、体液が床まで浸透しているなど、なかなかひどい状態となっていることがあります。こうした状況でも、特殊清掃の技術によって匂いから汚れまでしっかりと掃除をすることが出来ます。また、単純に見た目の問題だけではなく、床に浸透している可能性がある場合はそこをリフォームすることも出来ます。ここまでしっかりと特殊清掃として対応している業者はかなり優秀な方です。本当にいろんな業者があり、それぞれの業者がどこまで作業を受け付けているのかは異なります。特殊清掃を利用したい時はしっかりと業者の情報を調べておくことが大事です。情報を調べたい時はインターネットを活用することで、様々な業者の情報を入手できるので、そこで特殊清掃の業務内容から料金までを確認するようにしましょう。本当に利用する業者によって色々と相違点があることからも、安心して満足できる結果を出してくれる業者を探すことは非常に大事な点となってきます。特殊な依頼となることからも知識を持っておく方が失敗せずに業者を選ぶことが出来ます。
遺品整理・特殊清掃に関する知識

特殊清掃、病院やオフィスにも来てくれるの?

特殊清掃とは、通常の清掃業者では手に負えない、特別な状況で行う作業の事を指します。
事件や事故は、病院以外の場所で起こる事が多く、オフィス等で人が亡くなると問題が生じます。
特殊清掃の仕事は、死後から日数が経過した現場や状況で、出来る限り綺麗にする事が役割です。
病院の場合は、院内のスタッフが対応出来るので、特殊清掃が必要になる状況は限られます。
スタッフの対応が遅れ、被害が拡大した時は、特殊清掃が活躍出来る場面や対応する可能性があります。
病院の清掃に対応出来るか、これは特殊清掃を請け負う業者の姿勢に左右されます。
基本的に特殊清掃は、要求された現場で活動する事を制限しません。
オフィスや個人宅も対応するので、活躍する現場は大変幅広いといえます。
人が亡くなる可能性が高い場所は、高齢者が単身で生活する住宅、年齢に関わらず一人で暮らす家等です。
高齢者の場合は、孤独死という形で老衰を向かえたり、突発性の病気で助けが呼べない場合に死に至ります。
普段から周囲と交流を持たない人は、死亡から発見までに時間がかかるので、現場の被害が拡大する傾向にあります。
オフィスで起こる事件や事故は、住宅で発生する問題に比べれば、比較的件数が少ない場所です。
しかし、何時問題が起こるか分からず、実際に起った時は対応が不可欠なので、清掃を任せる必要性が発生します。
清掃業者は、断る理由がなければ何処でも駆け付ける存在なので、相談してみる事が何よりも不可欠です。
ご相談は無料となっております。 是非ご利用ください。