汚部屋からの脱出!早く片付ける方法と業者選び - 遺品整理・特殊清掃・生前整理ブログ

プロの遺品整理 ココロ
ココロが誠心誠意対応致します。
2017年04月12日 [不用品回収・遺品整理]

汚部屋からの脱出!早く片付ける方法と業者選び

片付けたいと思っていてもどこから手を付けていいかわからない。
片づけ方法がわからず困っている。
あなたはこのようなお悩みを抱えていませんか?

近頃では、手が付けられないほど散らかった状態の部屋を”汚部屋”と呼びます。

汚部屋は身体に悪影響を与えるだけではなく
さまざまなトラブルを生む根源です。

汚部屋はただ部屋を片付けるだけでは解決しません。
汚部屋から一刻も早く脱出する片付け方法についてまとめてみました。


・汚部屋の実態
汚部屋はその文字どおり「汚い部屋」を意味します
社会問題になりつつある汚部屋。
問題が深刻化するゴミ屋敷も最初は、汚部屋程度から始まったと言います。
汚部屋が重症化した状態が、ゴミ屋敷なのです。


・汚部屋になる原因とは?
部屋が片付けられない原因は、以下のようなものがあります。

・家事を行う人が急にいなくなった
・片付けが苦手な人
・仕事が忙しくゴミを捨てる暇がない
・ショックなこと・強いストレスで何もする気がなくなった
・認知症や病気のせいで片付けられない

汚部屋は、ただ片付けが苦手ということだけではありません。
もちろん、生活習慣と性格が原因だという人もいます。

しかし、ごみ屋敷手前になるほど汚部屋が生まれる原因には
心理的な病が潜んでいる可能性もあるのです。

・汚部屋に効く3つの対応策

1.まずはどうするべきか考える
部屋が片付けられない原因が、心の原因なのか
ただ片付けが苦手なのか、片付ける行動が嫌いかを考えます。

片付けられない人の中には、本当はきれいにしたいけど行動に移せない人がいます。
片付けられないことを責めるのではなく、本人とじっくり話し合ってみましょう。

2.ものが捨てられない場合
私たちにはゴミに見えているものでも
汚部屋住人はごみをごみと感じていない人が多いです。

通常、片付けるとき「捨てる」ことから始めます。
しかし、ものへの執着が強く、ものが捨てられない人は
ものを手放すことに強いストレスや罪悪感・不安感を抱いてしまうのです。

3.心のケアを優先する
汚部屋住人の中には、精神疾患まではいかなくても
収集癖という異常行動から汚部屋になっている人もいます。

ゴミをゴミと認識していながら、捨てられない人もいるでしょう。
汚部屋を解決するには、住人の心のケアが最優先です。


・片付けられない方が掃除するコツは?
片付けられない人は、集中力や意欲が長続きしない人が多いでしょう。
さらに、片付けられないという罪悪感があると
片付けがうまくいかなかったとき落ち込んでしまうでしょう。
そこで、片付けをしようと思ったら

1.完璧にやろうと思わない
2.小スペースから始める
3.捨てるかどうかは別としてとりあえず仕分けする

片付けしようとも思わなくていいです。
とにかく気合いを入れて一気にやろうと思わないこと。
一気にやろうとするとどこから手を付けていいかわからなくなります。

小スペースで区切った部分だけを片付けていくことで
自信を積み重ねましょう。

片付けに断捨離は必要です。

今必要なもの(使っているもの)必要じゃないもの(使用していないもの)を基準に
仕分けしてみましょう。

集中力がなくなれば、そこで中断しても構いません。
片付けに着手できた自分を褒めてあげましょう。


・業者に依頼する方法もある
片付けられない人が手が付けられない汚部屋から一刻も早く脱出する方法は
片付け業者に依頼することです。

自分で片付けできるなら自分でやりましょう。
しかし、片付けられないから汚部屋になっているのです。

片付けようと意気込んでもどこから手を付けていいかわからないことも多いのではないでしょうか?

また、片付けは自分で行っても不用品や粗大ごみが処分できず
家に溜め込んでしまう人も多いです。

片付けられないには理由があります。

業者に依頼すれば、ストレスなく素早く片付けることができるでしょう。
どんな部屋でもほんの数時間できれいにしてくれます。
家全体が汚部屋になっている場合でも、1日あれば片付けてもらえます。

費用はかかりますが、労力やストレスは一切ありません。
隣近所に知られずに部屋をきれいにできます。

相手はお掃除のプロです。
電話1本で駆けつけてくれるお掃除業者を活用してください。

片付かないこと・片付けられない悩みは業者に頼めば数時間で解決します。


・まとめ
汚部屋に住む住人は、それぞれさまざまな問題を抱えています。

汚部屋を片付けるには、汚部屋になる原因を探り
改善していくことが大切なのです。

とはいえ、汚部屋は早急に片付けなければ身体に悪影響を与え続けます。

ご近所さんにも多大な迷惑をかけることになるでしょう。
片付けられない人は迷わず業者に依頼してください。

部屋がきれいになるだけで汚部屋が抱えるトラブルを回避することができるでしょう。
一人で抱え込まず、片付けを行う不用品回収業者に気軽に相談してみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る