生前整理は必要?やり方と不用品の処分方法 - 遺品整理・特殊清掃・生前整理ブログ

プロの遺品整理 ココロ
ココロが誠心誠意対応致します。
2017年02月09日 [不用品回収・遺品整理]

生前整理は必要?やり方と不用品の処分方法

生前整理とは亡くなった後、残されたご家族が遺品整理に苦労しなくていいように、生きているうちに身の回りのものを整理することを言います。

その必要性と、具体的にどんなやり方があるのかについてまとめてみました。

●生前整理は必要か?
高齢で一人暮らしの場合、亡くなった後にご自身の遺品を整理してくれる人はいるでしょうか。
もしいない場合、生前整理で身の回りのものや財産にかかわるものを、今のうちに片付けておくことが必要です。
また、一人暮らしでなくても、残されたご家族が遺品整理に苦労することがないよう、生前整理をしておく事が大切です。

生前整理によって、本当に今の自分に必要なものだけがある家の中で暮らしてみましょう。
重苦しい不用品などがなくなった部屋で、自分が好きなものだけに囲まれて暮らす…きっと、そんな生活は、あなたの人生に、ハリをもたらしてくれるでしょう。
またバリアフリーにお部屋を改築しなくてはいけなくなった場合でも、工事をしやすくなります。

●生前整理の進め方ややり方は?

・財産の目録を作る
今持っている財産を、まずは把握することが大事です。
家・土地・現金・預貯金のほかにも、有価証券や不動産の権利書、生命保険証書なども含まれるでしょう。
骨とう品や宝石・車などのものも忘れてはなりません。
まずはその目録を作りましょう。

目録には、その財産がある場所も明記しておくと、残された家族が困りません。
目録を作ったら、生前贈与で相続税がお得にならないか、弁護士や行政書士、司法書士などの専門家に相談するとよいと思います。
専門家は、誰に相続してもらうのか、遺言状などの相談にものってくれるはずです。
よい専門家がいたら、ぜひ相談してみましょう。

・要らないものを処分する
長く生きてこられて、物はそれなりに増えていることでしょう。
着なくなった服や使わない家財道具などは捨ててしまう事が必要です。
後々、残された家族がその処分に頭を悩ませなく良い様に「捨てる」という作業に取り組みましょう。

「捨てる」作業で一番大事なのは、「捨てるもの」を決めるのではなく、「残したいもの」を決め、それ以外を全部捨てるという心がけです。
生前整理をすれば、時間のある時に少しずつ進める事ができます。

●生前整理で出てきた不用品の処分方法は?
生前整理をしたあなたの家には、きっと山ほど不用品が出てくるでしょう。
それらを、一括して引き取ってくれる業者があります。ぜひ利用してみてください。
燃えないゴミや燃えるゴミなどを分別する手間もなく、短い時間でお部屋がすっきりとします。

また生前整理や遺品整理をしてくれる専門業者があります。
そういった業者は、財産や思い出といった大事なものを大切にしてくれながら、ものの整理を行ってくれます。
ぜひ利用してみてください。

生前整理や遺品整理をしてくれる業者があります。そういった業者は、財産や思い出といった、あなたにとって大事なものを大切にしてくれながら、ものの整理を行ってくれるでしょう。快適な生活を手に入れるためにも、ぜひ利用してみてください。

生前整理は残された家族の思いやりにもなり、残された人生を居心地の良い整理された家で過ごす事ができます。

残りの人生を有意義に過ごすためにも、是非、生前整理を行ってみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る